杭州中小企業、世界的なデジタル化注文書奪いに忙しい
日本語版   2022-12-14 14:50   

ISPO展に、杭州酷動屋外の開発した新規ガス入り船が多くのヨーロッパバイヤーを引き付けた。

上海IFA展に、外人バイヤーがQRコードでの中国工場のショート動画を観賞してから、業者に製品カタログの提供を依頼する。

新型コロナウイルス感染症対策措置の最適化につれ、最近、浙江省杭州市はチャーター機による出国などの一括対策を取り、全世界に向けて自主的に商機を探したり、注文書を奪ったりするため、社会的な注目を浴びた。

11月末、杭州酷動屋外有限公司は新しく開発されたガス入り船を持参して、アリババ国際ステーションとともにミュンヘンに向かって、ISPO展(屋外及び体育用品博覧会)に参加したところ、ヨーロッパ各国から111枚の海外取引先の名刺を獲得した。オフラインの展覧会は、企業の海外市場拡大に確実に助力してくれる。

しかし、中小企業にとって、海外展覧会に参加するコストが高く、不確実な要素も多い。従って、アリババ国際ステーションは「デジタル展覧会」サービスをオープンすることにより、多くの中小外国貿易商家のたくさんの海外注文書の獲得に役に立った。

オフライン実展覧会とオンラインのデジタル展覧会のハイブリッド方式は、外国貿易企業の海外専門的なバイヤーとの軽量化、低原価、正確な接触を促進するように、海外市場を効率的に開拓した。

著者:葉麗姣 アリババより写真を提供  編集:葉麗姣
戻る