「余杭製造」、カタールW杯で輝く
日本語版   2022-11-22 16:20   

2022年カタール・ワールドカップ(W杯)が先週日曜日に開幕され、「大きなゴールドの茶碗」の形をするルサール・サッカー場は、中国企業が初めて主な請負業者という身分でW杯のメイン会場を建設したのである。その内、スタジアム天井の構造は、余杭企業の杭州海伦鋳鋼有限公司に製造されたのである。

確認によると、天井建築の構造は最新のEU標準に沿って、熱性能、機械能及び化学成分の面で厳しく要求されている。竣工して以来、それは100%の合格率で定時検収に通過した。これは、杭州企業の製造実力を表した上に、世界に「メイド・イン・チャイナ」の魅力を見せた。

著者:作文/傅敏 施涛  編集:葉麗姣
戻る