15万人が銭塘江の畔で「未来が見えた」-日语版-杭州网
トップ
主要ニュース
経済
文化
旅行
杭州概要
写真ニュース
15万人が銭塘江の畔で「未来が見えた」


6月1日から3日にかけて、第2回杭州(国際)未来生活祭が行われた。アリババ、アント・フィナンシャル、百度(バイドゥ)、小米科技(シャオミ)、華為技術(ファーウェイ)など国内科学技術業界の“半分の山河”が登場した。

未来生活祭が杭州で大きな成功を遂げることができたのは、一方では、近年来、中国企業と中国モードの決起に関わっている。もう一方、杭州は国内の「活力革新の城」として、急成長している科学技術企業が数多く出現したため、未来生活祭の根おろしや芽生えに先天的な土壤を提供してくれたからである。

 

作者:​首席記者 沈積慧 梁応傑 記者 朱文科 王真 通信員 方序 見習記者 陸驍撮影記者 江玥 编辑:董麗雪


連絡先 | 連絡先 | 著作権について | about


このウェブサイトの著作権は杭州網にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
担当弁護士

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统